FXトレード法のおさらい

雑記(FXトレード・株式投資ほか)
Close-up of secretary’s hands doing paperwork

FXトレードはポジションを持っている期間によって、トレードの方法も変わってきます。

下に大まかに分けてみました。

 

 

■デイトレード

文字通り、1日でトレードを終わらせる手法。

デイトレードでも、数銭円~数十銭円という少ない利益を狙い一日の間に何度もトレードをする極短トレード法をスキャルピングと言います。

薄利を何度も繰り返して利益を増やします。トレードの中では最もギャンブル的なトレード手法です。

■スイングトレード

数日から数週間程の値動きを見てトレードする方法。

相場やロウソク足の長さでトレード期間も変わってくる。

FXの中では中期的なドレード期間に属する。

■ポジショントレード

数週間~数か月、場合によっては数年という単位でポジションを持ってトレードする方法です。

トレードの中では、最も長くポジションを持ちます。

 

 

 

 

 

 

トレード方法は自然と、その人の性格や、ライフスタイルに合ったものを選ぶ事になります。

 

私はお金がすぐほしくてトレードしていた時は、もっぱらスキャルだけでしたが、お金に余裕があるなら、急いで利益を確定するようなものより、スイングやポジショントレードで優雅にトレードするのもありでしょうね。

 

 

すぐに結果を求めるひとほど、デイトレードでありスキャルですよね。

 

スキャルの商材が流行っているのも、いかに多くの人がすぐに結果を求めているかというのがよくわかりますね。

マスターピースFX 自動取引EAの決定版!

《マーケットの魔術師》奥村尚の “トワイライトゾーン”

タイトルとURLをコピーしました